がんを凍らせて治療する凍結療法とは

日本人の死因1位のがんですが、そんながんを凍らせて死滅させてしまう凍結療法というものがあります。
主にすい臓がん、前立腺がんなどを治療の対象にしています。
日本ではまだまだ症例が少ないものの身体に大きな負担がなく、入院も1日、2日で済んでしまいます。
具体的に凍結療法というのは、がん細胞をマイナス185度の超低温で急激に冷却してしまうことで消滅させる治療です。
米国では10年以上前から行われている治療法で、日本よりも多くのがんへの治療に適応されています。
しかし近年、機器が改良され導入しやすくなったことで日本でも使われるようになりました。
治療方法はというと、二重構造になった直径1mm程度の針をがん細胞に直接刺し、針先をマイナス185度まで急激に冷却させます。
すると、細胞が2cm程度の氷の塊のようなものに包まれ凍結します。
次にヘリウムガスを流し、20度程度まで温めて解凍します。
この凍結と解凍を行うことでがん細胞が破壊され、完全に壊死するということです。
凍結療法は、局部に治療を施すので負担がありませんし、完治率も高いです。
今やがんは治る病気といわれていますが日本人の死因率が最も高いのも事実です。
そのため今後こういった治療法が確立されていくことになるでしょう。

交通事故治療に関する豆知識

関連menu

更新情報

ボックス画像1

先日、急にお腹の痛みに襲われました。
仕事中だったため、仕事が終わり次第、お医者さんに行きまし

急性虫垂炎になったときの治療について

ボックス画像2

結婚して子供が生まれると、普段の買い物も近場にスーパーがある、小児科や幼稚園や学校が近くにあるような

赤ちゃんが高熱でも焦ってはいけません

ボックス画像3

医療費控除の申請をする際、必要な書類があります。
それは、確定申告の用紙、病院の領収書、源泉徴

医療費控除に必要な書類を知りたい方へ

ボックス画像4

家計をやりくりされている方であれば特売日や閉店間際のセールなどを目指して買い物に行かれる経験があると

野菜中心にすると健康的で節約できる

Copyright© 医療 All Rights Reserved.

がんを凍らせて治療する凍結療法とは