急性虫垂炎になったときの治療について

先日、急にお腹の痛みに襲われました。
仕事中だったため、仕事が終わり次第、お医者さんに行きました。
その時はおなかからくる風邪だろうということでお薬をもらって帰ることになりました。
次の日、おなかの痛みはひくことなく、やはりおかしいと再びお医者さんへ行きました。
ですが原因がわからず、大きい病院へ紹介状をかかれ、別の病院へ行くことになりました。
そこで色々調べた結果、急性虫垂炎と診断され急きょ入院することになりました。
そのときから、もう手術するしかないと思っていました。
びくびくしながら先生の話をよくよく聞いてみると、手術せずに抗生物質での治療が可能とのことで、迷うことなくそちらの治療法を選びました。
1週間ほど抗生物質の点滴をしているのは大変でしたが、手術に比べたら楽でした。
手術をしたほうが早く退院できることもあるそうですが、私はどうしても手術が嫌だったのでよかったです。
色々な治療法から自分にあった治療法を選ぶことができる、現代の医療のすばらしさを実感しました。

Copyright© 医療 All Rights Reserved.

急性虫垂炎になったときの治療について